【RLO】リアルライフオンラインのバージョンアップ

皆さま、こんばんわ。

四月最後の日曜日、いかがお過ごしでしょうか。

私は夜中にblogの運営方針を検討しています。
広告添付とblog記事を連携することで、訪問された方々に何らかの価値を提供し続ける。
外部環境、大まかにいえば世界そのものに貢献して、健全な報酬を提供されるようになる。
よし、目的は指向できるようになりました。今後の展開としては、

  1. wordpress.comの当blogは、Amazonアソシエイト・プログラムと連携させていく
  2. livedoorblogの新blogは、バリューコマースとの連携を目指していく
  3. bloggerで新規blogを開設して、Google+との連携をしてみる
  4. 付加価値のある記事を提供し続ける

自分のできる事を拡張すると、人生に集中できるようになります。
リアルライフオンライン、という単語を思いつきました。

Real Life Online【RLO】

2017年5月7日より、bloggerで Real Life Online を始めました。

EVEonlineに集中して取り組んだ日々を思い出し、それを今後の人生に生かすための指標として、ここに刻んでおきます。

フリープレイ!!無料と化したEVEonline

昨年末の事ですが、EVEonlineが基本無料となりました(゚Д゚)

これも時代の流れか…

フリープレイの状態は『アルファクローン』

アカウント課金すると『オメガクローン』に切り替わります。
アルファクローンでは、

  • 習得スキルに制限・上限がある
  • オメガクローン限定スキルは無効化される
  • スキルトレーニング速度が低下している
  • スキルキューのスケジュールが短期間
  • 出身勢力の艦船のみ乗艦可能
  • アルファ起動時は、複数アカウントのプレイは不可能

となっている様子。詳細はCCP公式HPでご確認ください。
昨年更新したPCでログインしたら、あまりの美しさに感嘆。

初回ログイン時の画面設定が、すべて『高』なのに… スルスル動くぞヽ(^0^)ノ
各種設定を確認しつつ、スキルトレーニングを再開。

カルダリ出身キャラは、ミサイル関連スキル強化。

ガレント出身キャラは、採掘関連スキルの後にドローン関連スキル強化。
復帰してみたら、過去に取り扱った商品が各地に放置されていました…(´・ω・`)

買い取り完了品、陳列期限切れの始末には、大型輸送船フレイターが必要です。

春になったら、アカウント課金するか?!

未確認ワームホールに近づいた結果

久しぶりの大損害です。
イベントで敵性NPC艦船を探し回って「未確認ワームホール」にワープ。
現地には「ドリフターズ」所属の艦船がいましたが、攻撃されないと思い込んでいました・・・

エンジェル所属の対象に接近して交戦開始した直後、
ドリフターズBSからの各種攻撃・ワープ妨害を受けました!
わずか30秒足らずで、ラトルスネーク轟沈・・・

 

被害額600Misk以上の損害orz

ルーキーシップで残骸は回収しましたが、船体はなんとも・・・
再建は費用対効果の面から後回し。

事後情報によると、
未確認ワームワールから40km以内に接近した時点で、周囲のドリフターズ艦船から攻撃されるらしい。
一般的な艦船では制圧不可能。

 

もうすぐ銀箱獲得だったので、そちらが遠ざかって残念な3連休でした。

EVEonline 探検稼業の現状

 皆さま、おはようございます。
梅雨時の平日、いかがお過ごしでしょうか。
私は、昨夜もEVEonlineで探検稼業していました。

最上位型スリーパーキャッシュの攻略では、単独攻略で最下層までいけました。
手順が解析されていると楽ですね!
アナライザー系装備がT2になった影響が大きい。

戦闘系DED5もBSで単独攻略できました。
標準探査で表示されている、~のアジトからエスカレーション先がHighSecの場合限定です。
しかしT2BSのマローダーが進入不可なのは困りました。
Lv4戦闘ミッションより苛烈な攻撃をされるのです!
MJD搭載してアウトレンジ攻撃を繰り返すのがお勧めだとか。

探検稼業、確かに利益がでます。
もちろん黒字です。
買い取りオーダーに投げ売りすると、評価額の50%くらいになってしまうのが難点か。

しかし積極的に活動する「時間」と「技術」が必須でした。
そして当たり外れがあるので、利益は不安定です。

他の収益源を探しておくべきでしょう。

EVEonline 探検生活の泥沼化

 皆さま、こんばんは。
月曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか。
私は平常通りの勤務と、買い物行ってきました。

さて、今月のEVEonline生活ですが。
特異点・宇宙のシグネチャを攻略する生活に没頭していました。
いわゆる探検稼業です。

わかりやすくいえば、刺激的で中毒性がある活動。
レアアイテムの収集。その売却益で生計を立てていく。
Lv4戦闘ミッションの処理が可能なプレイヤーなら、すぐに慣れると思います。

使用する艦艇は、アクセルゲート通過規制の都合でCL級が主流になりました。

標準スキャンに自動表示される戦闘系特異点。
これを制圧できる構成が基本。
工夫すればFG・DDから可能です。
ABやMWDによる機動力を活用しましょう。

特異点のNPCを倒していると、レアNPC艦が登場したり、エスカレーションという探検シナリオが開始される事があります。

レア艦艇は必ず倒して中身を回収・サルベージしましょうヽ(゚Д゚)ノ
エスカレーションは、指定場所がHighSecであれば積極的に向かってください。

スキルと装備が揃い始めたら探査プロープを展開して[宇宙のシグネチャ]内容を特定します。
戦闘系サイトの攻略(制圧とは限らない)が主流になるでしょう。

コアプロープスキャンで判明するサイトの種類は、
戦闘系サイト
データサイト・遺跡サイト
ワームホール
この3系統です。

Highsecでいろいろやってみましたが、
ワームホールは入らない方針です。
無事に帰れないと意味がないですからね。

HighSecのデータサイト・遺跡サイトはハッキング後の回収物が「ほとんど」安価で時間給が低下します。
利点は戦闘がなく、ハッキング失敗しても問題ないことです。

スリーパー系データサイトは、特定すら困難を極めました。
ハッキングに失敗すると、自爆カウントダウンしたり、いきなり爆発します!

戦闘系サイトは、レアアイテムの獲得が最優先。
他にはない(゚Д゚)
手段も問わない(゚Д゚)
エージェントミッションと違うのは、失敗ペナルティがないことです。

サイトごとにレアアイテムに到達する条件があるので、迅速な達成を目指します。
NPC艦艇の撃破
建造物への攻撃・破壊(耐久性高い)
特殊なフラグとしては、鉱石の採掘もあります。

レアNPC艦艇は名称に特長があります。
破壊が推奨される建物はメッセージで告知されます。

破壊した後の残骸やコンテナは「必ず」位置をブックマーク登録しましょう。
回収物に高額アイテムやレアBPCがあれば成功ヽ(^0^)ノ

今のところ、投下資本に対して回収物の評価額は三倍近くになる見込み。
完全に黒字で、艦艇の損失もありません。

良いことばかりでもありません。
先週末の土日は、完全に泥沼化しました。

流れとしては、
①特異点やシグネチャを攻略する。
②発展して移動開始。
③移動経路でも、特異点やシグネチャを攻略する。
④さらに発展先が増える。
⑤ ③に戻る。

終わりなき探検稼業でした。
アマール、カルダリ、さらにガレントにまで放浪してしまい、本拠地に戻る頃には日曜日の夜更け!

探検すればするほど成果が上がる。
気が付けば現実時間は一気に進んでいます。
何らかの自己規制をしないと、生活に悪影響が生じる(*_*;

EVEonline 最上位型スリーパーキャッシュに再挑戦

皆様、こんばんわ。
私は記事を入力した時点で、EVEonlineの探査で見つけた「最上位型スリーパーキャッシュ」のサイト内にいます。
以前、位置を強引に特定できましたがコンテナ1個開封した時点で退却となりました。

苦労してたどり着いたサイトを攻略し、生還する手助けになるよう、できるだけ情報を公開しておきます。
しかしながら、至らぬ点・不正確な点があるのをご理解ください。

 

今回、攻略直前にJPチャットで経験者の招待に成功しました。
突発イベントになりましたが、見事に手順を消化していく様子は「お見事!」に尽きます。
こういった展開はJA時代を思い出します。

位置の特定についてですが、私の場合
探査系スキル 各Lv4
搭乗艦 Stratios(ストラティオス)
Rigに探査強度上昇*1(T1)
SOE製のコアプロープランチャーとプロープ
Mスロットには、T1の探査強度上昇*3 誤差補正*2
さらにプローブの配置間隔を限界まで絞り込む(全プローブが1点に近くなる)
ここまでして、やっと100%になりました。

探査で100%確定時、最初のワープでハッキング対象*1の空間に入ります。
ここが1層目で、解除に成功するとゲートが発生。
この時点でBMを確保しておきます。

2層目は、太陽光発電設備が複数。アイテム入りコンテナあり。
発光している設備からはEM属性の空間ダメージがあります。
関連設備に現地で確保したアイテムを投入すると、空間ダメージが減少。
周囲のコンテナにハッキングする余裕ができます。

投入アイテム名 Infrared Ray Modulate Disc
投入設備 Solray Infrared Alignment Unit
同様のアイテムと設備が、Radio と Gamma にもあります。

コーチによると、2層目の要点は次のとおり。
太陽光発電前のハッキング解除。3つの固有アイテムを、同名の設備に投入する。
離れてた場所にあるリフトのハッキング解除。

今回の攻略では、投入に手違いがあり揃ってダメージを受けるアクシデントもありました。
リモートリペアを装備していてよかった!

 

さらに特筆すべきは、250km離れた場所にあるビーコンの存在でした。
ここにワープすると、さらにアクセスする対象が現れます。
「隠れていた防衛グリッドユニット」とメッセージが表示され、ハッキングに成功すると隠されていた物体が明らかになります。

 

他にも Y-Axis Calibration Coordinte というアイテムを取り扱う必要があるはず。
コンテナ開封後、ワープでサイトを離脱すると空間消滅してしまうので要注意!!

 

正しい手順でハッキングを成功させていれば、3層目のセントリーガン群は攻撃してきません。
前回は進入直後の一斉射撃で大破し、離脱したためサイトが消滅しました・・・・

攻略手順としては、1から3までの対象に順番にアクセスしていきます。
1 Remote Defense Grid Unit
2 Sentry Repair Station
3 Hyperfluct Generator

 

コーチによると、
1のハッキング解除後、セントリーガンの自爆を見守る。
右側の尖った設備・2をハッキング。
倉庫群中央の設備をハッキング。成功すると新たなリフト出現。

その際、近寄ってはいけないのが「Plasma Chamber」という名称の保管ユニット(タンク状建造物)です。
爆発による広域・強ダメージがあるとか。

1で確保したアイテムを2の設備に投入すると、配置されているセントリーガンが同士討ちをはじめて消えていく模様。
セントリーガンの脅威がなくなったら、コンテナ群をハッキングしていけます。
最後に3のハッキングに成功すれば、最下層へ可能になります。

 

最下層では、おそるべき光景が待っています。
今回は安全のため撤退しました。
攻略手順としては、
Intravenous Oscillation Fluid を Central Archive Cerebrum に「入れすぎないよう、1個ずつ」投入するらしいです。