【考察】無料ブログと広告企業提携の組み合わせ

この記事を作成した時点で、私の管理している無料ブログは2つ。

  • wordpress.com 当blog(2010年開設)
  • livedoorblog 新規blog(2017年2月開設)

いずれもAmazonアソシエイト・プログラムに参加申請、承認されました。

申請時の運営期間は、当blogは実質5年。

新規blogは実質2か月でした。


上記の無料ブログで【できない事】を調べてみました。

  • GoogleAdSenseへの登録 または 参加

これはGoogleの審査基準と、ブログ運営会社の仕様によって制限されます。

2017年時点での情報収集の結果、

GoogleAdSenseは、独自ドメインのWebサイト、またはbloggerでブログ開設している必要があります。

つまり標準のlivedoorblogでは承認されず、添付に至らないでしょう。

wordpress.comは無料プランの場合、仕様により掲載不可能です。

  • スマートフォン等モバイル端末で、任意広告を常時表示

wordpress.com

投稿内容と関連性がある場合という規定があるため、トップページやサイドバーに常時表示される広告添付は、規定違反の可能性があり危険です。

livedoorblog

ライブドアブログと提携している広告企業なら、添付と表示は可能。

もしくは、フリー広告枠で審査・承認された内容を表示可能です。

それ以外の広告企業の場合、フリーエリアを使用してスマートフォン等への表示は規定により禁止です。(表示停止される模様)

 

パソコン版とスマートフォン版でブログパーツ構成が異なるため、パソコン版では添付可能という仕様です。

 

  • Webサイトの仕様による制限

 wordpress.com

仕様により機能しない広告があります。

例として、Amazonウィジェットは機能せず単純な文字列になってしまいます。


上記の内容をふりかえると、wordpress.comとlivedoorblogでは、

  • 完全で理想的な広告添付をするのは困難
  • 規定と仕様の範囲内であれば可能

今後はGoogle関連サービスであるblogger

にも注目していきます。

広告

Web記事紹介:無料ブログでGoogleアドセンス通った【2017年3月】【非独自ドメイン】:ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」

http://pokutaro.blogspot.jp/2017/03/google20173.html?m=1
これは有益な情報でした。

GoogleAdSense申請を最優先にするならbloggerに登録すればよい。

ただし、設立から半年経過が必要になる可能性がある。

内容の充実も重要である。
bloggerというサービスはGoogle関連ですが、blogサイトとしての知名度は地味なようです。

利点としてはGoogle+との連携が容易だとか。
これで出来る事がひとつ増えました。


2017年7月28日 追記

 

私もbloggerでGoogleAdSenseに参加することができました。

広告設置当時の記事はこちら

Real Life Online 【速報】当blogにGoogleAdsenseの広告が設置されました

要点としては、時間経過と記事数でしょう。

  • 開設から60日程度の時間経過後に、参加申請が可能になる
  • 記事数は平均1記事/1日で、60記事ほど蓄積していた
  • 申請から審査完了まで、7日間経過した

とりあえずGoogleAdSenseに参加したいなら、bloggerでブログ運営も良いでしょう。