MAZDA AXELA スパークプラグの点検

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年末はスマートフォンを破損しましたが、あっさり回復しております。
それはまた改めて。

本日は自家用車の点検をしました。
使用年数が10年を経過しているので、乗り換えも検討した状況確認です。

私の使用している自動車は、
MAZDA AXELA SPORTS
マツダ アクセラ スポーツ
グレードは、排気量1500ccの15Fだったと思います。

昨年の店舗点検時に、スパークプラグの経年劣化が指摘されていました。
今回取り外して確認したところ、デンソーの点火プラグが装置してありました。
品種は IRIDIUM TOUGH/PLUS の VK16 です。

確か3万㎞ほど経過した際に交換してあったはず。

先に明記しておきますが、
各種工具を買い揃えるより、店舗での点検と交換を推奨します!
10年間に2交換で間に合いますから!

スパークプラグの交換作業は、整備手順書を参照にしても不十分でした!

image

実際に取り外したボルトは3本のみ。
エアクリーナーの下部とエンジン付近を固定していたボルトを外し、
運転席側の配管ホルダーを取り外せば、上画像の状態にできます。

この状態に気がつくまで、関連する部分を調べていたら30分ほど経過してしまいました。

image

エンジンカバーのエンブレム付近が、手が入らず作業性の悪い気筒です。

image

点火コイルとプラグケーブルは一体化されています。
エアクリーナー上部カバーをねじりつつ、
固定ボルトを取り外して、ゆっくり引き抜きます。

今回は接続端子などを繋いだまま、スパークプラグを取り外せました。

…プラグの状態を撮影していなかった!
いわゆる焼け具合は良好。
カーボン堆積はありませんでした。
ただし、通電部分の劣化が進んでいました。

次はNGKにしようかな?

103680円の冬支度

 皆さま、こんばんは。
11月後半、いかがお過ごしでしょうか。
私は新品のスタッドレスタイヤを装着しました。

 新車購入後、最初の冬に購入したスタッドレスタイヤは、普通タイヤとしても限界でした。
今年の11月上旬に購入・交換依頼してあり、本日が装着日です。

タイヤの製造元はミシュラン。
銘柄はX-ICE X13です。
一本の価格は22000円。
四本+装着費+古タイヤ処理料+消費税=103680円となりました。
5シーズン使ったとしても、年間2万円の出費ですね。

新規購入時には、ダンロップのタイヤも候補にあがりました。
そちらは一本あたり2000円安い、2万円と言われています。
結果として8000円の差が付くわけですが…
その程度の差額なら、最初から良さそうな品物を選びます。

自動車のタイヤは重要です。
具体的には、交通事故の程度に影響します。
滑るタイヤでは事故が発生し、
車は大破して、乗員も負傷すると思いませんか?

安全は後から買い戻せない。
最初からお金を使いましょう!

自動車バッテリーの購入・交換

引き続き、皆さま、こんばんわ。
土曜日の深夜、いかがお過ごしでしょうか。

 

口腔外科の診察後、自動車関連店でバッテリーの見積もりしてもらいました。
交換推奨のバッテリー 32508円 または 37692円 というのが12ヶ月点検時の情報。

 

今回のお店では、税込みで23760円。
メンテナンスフリーで、電源容量の余裕あり。

交換と廃棄込み、ということで購入決定。
その場で装着してもらいました。
いままで使っていた製品とほぼ同じなので、5年近く使えるでしょう。

 

次は冬用タイヤの手配となりました。
少なくとも3年は現役でいられるタイヤを選ぶ予定です。

9月で満10年になります。

 皆さま、こんばんわ。
月曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか。

 私は日曜日に預けていた自家用車を引き取ってきました。
どうみても普通な、MT車です。

今回は12ヶ月点検でございます。
内容は「1年点検整備・レギュラー」「エンジンオイル交換・同フィルター交換」
出発直前に判明した「フロント・スモールランプ電球交換」となりました。
これで請求金額15876円。

それ以外に、劣化指摘品1組。 13505円
交換推奨のバッテリー。 32508円 または 37692円
できれば年内に交換を、という見積もりがでました。
次の冬季には、冬用タイヤ交換が控えております。

 走行距離が67000km未満だったので自覚はありませんが、9月で購入から満10年となりました。
大きな事故はなく、機能面も支障なしです。
この車で、岐阜県から鹿児島県まで行ったんだよな・・・ ひとりで。

 問題は「これからの維持費」です(迫りくる現実)
10年間という時間は、主要部品の劣化に直結しています。
古い車を維持していたら、新車購入費用を追い越した。 という話は珍しくありません。

そろそろ現行販売車両の調査を始めます。
できればMT車がいいな!