Nikon D7200 グリップの大きさと感想

皆さま、おはようございます。
梅雨時の日曜日、いかがお過ごしでしょうか。
私は、PC用BDドライブの調達に出かけています。

さて、先日イベント撮影にD7200を使用しました。
初の現場投入でございます!

今回は必要とされたのは、構図と動体を追尾できるAF機能です。
300枚ほど撮影して、熟練度を上げました。
成功比率は以前と同じ程度で、機能把握も良好です。

半日使用したところ、やはりD5100とは別格のカメラだと思い知らされました…
まだ経験不足です!

特に実感したのは、
「総重量」と「グリップ」の関係です。

D7200は、普及型のD5100系列より重く、大きい。
今までは片手保持でも気軽に
撮影できましたが、これからは控えていくでしょう。

グリップの握り具合ですが、
成人男性より大きめな手の私には「やや小さい」です。
右手の親指をどこに置くかで、安定感が変わります。
やはりD750の保持感には届きません。

グリップを改造する前に、爪を短くするのをお勧めします。
そして基本に忠実な保持姿勢をとりましょう。

安易な握り方では、シャッターボタンを押す動作でカメラが動いてしまいます!
D7200のグリップは「最高」ではありません。
使う人間が対処する必要がありました。


Amazon Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200 18-140VR レンズキット D7200LK18-140

Nikon D7200 連写機能とRAW記録の限界

皆さま、こんばんは。
六月初夏の日々、いかがお過ごしでしょうか。
私は自宅でD7200の仕様を確認していました。

 連続撮影の機能について、当初の予想より厳しいことがわかりました。

DX設定・JPEG/FINEの場合、撮影速度は約6コマ/秒で連続撮影ができるのですが、
14ビット・ロスレス圧縮RAWの「画質最優先」設定にした場合、次のような連写能力低下が発生します。
① 撮影速度・約5コマ/毎秒に低下
② 連続撮影可能コマ数・実質6コマでメモリー限界
実際の撮影環境では、2秒未満で機能低下が発生します・・・

撮影機会を逃したくない行事では、RAW記録を解除する選択を考慮しておきます。
具体的には、舞台や運動会などの動体が対象のイベント撮影時ですね。


Amazon Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200 18-140VR レンズキット D7200LK18-140

Nikon D7200 購入の決め手

皆さま、こんにちは。
6月初日の月曜日、いかがお過ごしでしょうか。
私はD7200の説明書を1/3ほど読みました。

さて、いままで使っていたのはNikon D5100でした。
今後は予備として活用する予定です。
直系の後継機はD5500でした。
ダブルズームキットの価格が12万円以下。
軽量小型で高性能。
ご家族・個人向けの最初の一台として、すばらしい費用対効果です!

D5100を使用していて気になったのは、次の3点でした。
AFポイントの数
連写速度と記録容量の上限
グリップの大きさ(小さい)

それを考慮すると、候補に入ったのは2機種。
D7200 DXフォーマット系列
D750 FXフォーマット系列
この2台を、店頭で何度も操作して選定しました・・・

結果としてD7200を購入しましたが、D750が劣っていたわけではありません!

D7200は欠点が少なく、完成度が高かったのです。


Amazon Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200 18-140VR レンズキット D7200LK18-140


カメラ本体を積極的に買い換える人なら、D750をお勧めします。
D750系は、今後の機能更新が楽しみです。

Nikon D7200を購入しました


皆さま、こんにちは。
5月最終日の日曜日、いかがお過ごしでしょうか。
私は、手持ちのD5100の引き継ぎ機を購入してきました!

最後までフルサイズ機(FX)D750が対抗していましたが、
総合力でDXのD7200を選びました。

image

発売記念キャンペーンのSDHCカード(32GB)
付属レンズは18-140mm
レンズフード・保護フィルター
予備バッテリー
液晶プロテクター
収納ボックス(大)

総額で17万円ほどです。


Amazon Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200 18-140VR レンズキット D7200LK18-140